2014年07月16日

子連れ 香港 持ち物

子連れで香港旅行に行かれる場合の持ち物リストです。

年齢に応じて揃えましょう。

□体温計 
  「ホテルで借りる」という方法もありますが、使い慣れたものを必ず持参しましょう。

□解熱剤・風邪薬
  普段使用している、座薬や解熱剤、風邪薬を持参しましょう。

□下痢止め・浣腸
  食べ物や環境がかわりますので、下痢止めやお腹がはったときのために浣腸なども

□虫よけスプレー・虫さされ薬・携帯虫よけ器具
  蚊は、伝染病などの媒介になるケースが多いですので注意しましょう。
  スプレー缶は航空会社が持ち込みを禁止しているので、ジェルタイプのものなどが良い

□冷却(熱さまし)シート・使い捨てカイロ
  急な発熱や寒冷地への旅行は、日本製の良い品物を持参しましょう。

□乗り物酔い止め薬
  乗り物酔い止め薬は、観光船に乗る予定があるときなど。

□衛生用品、キズ薬・絆創膏
  殺菌効果のあるハンドジェル、ウェットティッシュ、うがい薬など必要に応じて。

□オムツ・おしり拭き
  紙質・品質の良い、日本製を持参することをおすすめします。

□粉ミルク・ほ乳瓶・離乳食(ベビーフード)
  以外と無いと困るのがベビースプーンです。
  粉ミルクは、計量しなくて済むよう、ある程度は小分けして持参します。
  液体物の機内持ち込みは、保安検査が必要ですので注意しましょう。

□ベビーカー・チャイルドシート
  ベビーカー・チャイルドシートは、受託手荷物として預けます。
  壊れないように専用カバーなどで保護しましょう。
  海外では安くてお洒落なバギーも販売されているので海外で購入もありですね。

□帽子や日傘、タオルケット
  直射日光に当たらないように

□スリングや抱っこバンド

□お食事エプロンやストロー付きマグ
  服を汚さないように

□迷子ひも(リード)
  迷子にならないように子ども用リードやリュックなど鞄にタグをつける、
  リストバンドに英文で連絡先などを書いて持たせておく

□絵本・おもちゃ・文具
  ぬり絵やおえかき帳、お気に入りの玩具など

□サンダルや靴、水着など
  サイズのあったものを持参しましょう。古いものを持参して使い捨てでもいいでしょう。
  日焼け止めやラッシュガードなども忘れずに

□お菓子
  せんべいなどの米菓子やチョコ、グミや飴類は持ち込み可能。
  卵を使用しているお菓子は、持ち込み制限の対象。
  ミカンなどの果実類は検疫上、持ち込めません。

□子供用のデジカメや双眼鏡
  夏休みの自由研究などに

□ポロシャツ・スラックスやワンピース
  ドレスコードがある場合など、子供に着せましょう。
posted by もっちー at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 子連れ 香港 持ち物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101740997
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック